循環型農業をめざし、肥育部門から出る牛糞を堆肥部門にて完熟させ自社(水稲、飼料作物)で利用しています。
「食の完全・安心・品質」を考え、まず牛の餌にもこだわりました。
自社の堆肥を利用し化学肥料や農薬を出来るだけ利用しない飼料用米、稲わら、飼料作物を給与する事を実践しています。